スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

パプリカパプリカ このエントリーをはてなブックマークに追加


なんだか自分にとって情報量の多い一日でした
っていうか現在進行形で多い一日です。


今日はこの前の合同飲み会で仲良くなった人と一緒に
パプリカ観に行ってきました~!
京都では2日から始まっていて、前から観に行こうと思っていたのでお誘いを受けれたのはラッキーでした。


京都では「京都みなみ会館」という場所でやってて、
初めて行ったのですがこれまた少しレトロな映画館でねぇ
文章では色々と説明しきれない所があるのですが、あの雰囲気はかなり懐かしい感じでした。
最近は映画観るのもシネコンが多くなったしね~

一番驚いたのは映画館の客席。
なんかねこれまた説明しづらいんだが、
普通、映画館ってスクリーンが前にあったら後ろにいくにつれて階段とかで高くなってるのが基本ですよね?
これは古いからとか新しいからとかじゃなくそうだと思うんですが。。
で、
今日行ったみなみ会館はなんか真ん中が一番下になってるというか・・・
階段が無くて、ええっとああいう形はなんて言うんだ・・・

そう!

例えるならスノーボードのハーフパイプの形で、それの傾斜をゆるくした形!!

そしてスクリーンはどこから見ても少し上にある感じな作りなんです。。

珍しいですよね?
一時期こういう作りが画期的だったりしたのでしょうか・・・
たしかにあまり首痛くなったりしなかったけど。。
ただ、座席は明らかに新しいもので、かなり座り心地がよかった。。
あの座席、イスにして欲しいと思うほどにいい座席だった・・
フカフカだけど腰も痛くならず、シネコンのより良いイスだあれはw



映画本編は
非常に「楽しい映画」でした。

少し考えさせられる部分もあざとく入れてあったりするけど、それはこの映画観る点であまり重要ではないかなぁと。

まぁ考えるのでも、夢の事とかについて楽しく想像を膨らます、膨らまさせられるとかそういう点では逆に考えて楽しむのも1つとして作られてはいるかなぁとも思ったり。


観ててかなりあっという間に感じたので、かなり自分で思ってるより楽しんでたとも思うし。
展開が速いのもあると思います。
が、
けして速すぎるわけではないので凄く良かった。

作品が出している雰囲気と主題歌(?)になってる曲を始めとした音楽が非常に合ってて、相乗効果を生み出していた感じがあったのも良かった~。サントラ欲しいなw

作画とかに関しては、自分が最近改めて良さを再確認させらてるマッドハウスですし、俺的には文句はなかったですw


この映画を観終わって最初に思ったのは
昔マトリックスを初めて観て、意味がわからないとぼやいてた人は似た感覚を覚えるのかなぁ~という感じでした。
物語の構造上、夢と現実を「上手く」ごっちゃにしているので、
なんでも難しく考えてしまう人には向かないのかなぁって。

逆に
マトリックスの時も俺は最初から大丈夫だったし
多分オタクはああいう世界観とか、話の流れとか作り方に慣れてる人が多いのかなとも思ったw
そう考えると狭い所で柔軟な頭をもってたりするよねオタクも
(ぇ


あと
めぐさん(林原めぐみ)と古谷徹が声優としてはメインな今作品だけど、
なんだか最近どちらの人に関しても、あんがい文句を言う人を聞くんで、そういう人にはダメな作品かなー。


俺はどちらの声優さんも
声として多くの種類を使いこなすタイプの声優さんではないけど、
しっかりとした1つのモノがあり、またそれに関する演技力も抜群だと思ってる。。

そして俺は二人とも、人も声も好きだからねぇw
めぐさんなんかは昔からラジオ聞いてたのもあるんだろうけどなぁw



「映画はやはり映画館で」「あと時には時期も大事」
とホントに最近強く思うなぁ。
お金かけて観る価値は充分すぎるほどあるよなぁ・・・

そして最近映画を通して感じる事や考える事がが
色々と昔よりも多いので幸せな事だとも思う。

今回も映画を通して人と交流できたってのもあるしねw
(↑はそういう意味じゃなかったけどそういうのも含むかw)
[ 2006/12/13 03:05 ] TV、映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zigen.blog38.fc2.com/tb.php/338-ddcd483e

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。